Cover Song Collections

「カバーソングを通じて音楽の世界を広げる」をテーマに、古今東西のカバーソングを紹介します。

スポンサーサイト

Posted by Cover Song Collections on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Groovin' / グルーヴィン

Posted by Cover Song Collections on   2 comments   0 trackback

ヤング・ラスカルズによる、「ブルー・アイド・ソウル」の名曲。
山下達郎さんのバージョンが、ご自身のラジオ番組「山下達郎のサンデーソングブック」エンディングテーマとして使用されています。

今回のセットリスト
・山下達郎
・ヤング・ラスカルズ(Young Rascals)
・アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)
・山岸潤史


どうも、こんにちは。

先日リリースされた山下達郎さんのベスト「OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」、絶好調みたいですね。
聞くところによると、最近は20代の若いリスナーが増えているとか。
私も、そのうちの1人です。笑

そんな絶好調な「OPUS」ですが、クリスマスに向けて特別版がリリースされるとのこと。(参考
今年の冬は、山下達郎さん一色になりそうですね。

と、言う訳で今回は山下達郎さんがカバーした曲にスポットを当ててみましょう。

この曲を選んでみました。『Groovin'』です。





山下達郎は、1953年東京都出身のミュージシャン。
日本の音楽界を代表する人物の一人。音楽に向き合う姿勢は“職人”そのもの。

この曲は、1991年発表のアルバム「ARTISAN」に収録。
ファンの方は、「山下達郎のサンデーソングブック」のエンディングテーマとしてお馴染かと思います。

情報によると、シンセサイザー以外はすべてご自分で演奏されているとのこと。
達郎さんと言えば、1人でヴォーカルを多重録音する「一人アカペラ」が有名ですね。
“器用”の一言で済ますには本当に勿体ないお方。まさに“職人”ですね。


では、原曲です。

原曲は、ヤング・ラスカルズが歌ったものです。





ヤング・ラスカルズ(Young Rascals)は、1964年にアメリカで結成されたバンド。
白人によるR&B「ブルー・アイド・ソウル」のパイオニア的存在。
後に、「ラスカルズ」にバンド名を改める。

この曲は、1967年発表のスタジオアルバム「Groovin'」に収録。
後にシングルカットされ、アメリカのポップ・チャートナンバー1に輝きます。

この『Groovin'』。
この曲が最初にラジオで流れた際、多くのリスナーが黒人ミュージシャンが歌っていると勘違いしたそうです。
ブラックミュージックを歌う白人ミュージシャンとしては、最大の称賛なのではないでしょうか。


当然のように、『Groovin'』は多くの黒人ミュージシャンに愛され、カバーされました。
中でも、アレサ・フランクリンのバージョンは秀逸です。





アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)は、1942年アメリカ出身のソウルシンガー。
アメリカ南部のソウルミュージック、“サザン・ソウル”の中心人物。
通称「レディ・ソウル」。

『Groovin'』は、1968年発表のアルバム「Lady Soul」に収録。
アレサのスタジオアルバムの中で、特に評価が高い作品。
他にも、「People Get Ready」や「Feel Like a Natural Woman」などのカバーを収録。

アレサの凄い点は、どんな曲も持ち歌にしてしまうこと。
ラスカルズの楽曲も、よりブラックなものに昇華してしまいました。


最後に、また日本のミュージシャンがカバーしたものを紹介させて頂きます。
ニューオリンズ在住のギタリスト、山岸潤史さんです。





山岸潤史は、1953年三重県出身のギタリスト。
1970年代、ウェストロード・ブルースバンドのメンバーとして関西のブルースシーンを盛り上げる。
その後、ニューオリンズに移住。現在も、ニューオリンズを拠点に音楽活動を続けている。

『Groovin'』は、1977年発表のコンピレーションアルバム「ギター・ワークショップVol.1」に収録。
このアルバムは、フュージョン・ギターを全面に押し出した企画盤で、4人のギタリストがバトルを繰り広げています。

この曲も、例外なくアップテンポなフュージョン・ナンバーにアレンジされていますね。
どこか、ラリー・カールトンの影響を受けている雰囲気を感じますね。

この曲で面白い点は、なんと山下達郎さんがコーラスで参加していること。
達郎さん、本当にこの曲が好きなんですね。愛を感じます。


---
関連リンク
山下達郎 - Wikipedia
【送料無料】 CD/山下達郎/ARTISAN/WPCV-10026

【送料無料】 CD/山下達郎/ARTISAN/WPCV-10026
価格:2,957円(税込、送料込)


ラスカルズ - Wikipedia
Rascals (Young Rascals) / Groovin' 【CD】

Rascals (Young Rascals) / Groovin' 【CD】
価格:2,100円(税込、送料別)


アレサ・フランクリン - Wikipedia

山岸潤史 - Wikipedia
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ぱんくとまと says... ""
アレサバージョンいいですね^^

ぼくはこの曲、湘南サーフホリデイとう
鵠沼のサーフショップのおじさんが選曲した
コンピアルバムで出逢った大好きな曲です^^

きのうからブログランキング参加したロックDJです!

よかったら見てやってください^^

http://killertunes.info/
2012.11.22 02:35 | URL | #- [edit]
Cover Song Collections says... "Re: タイトルなし"
ぱんくとまと様

コメントありがとうございます。
そのコンピアルバム面白そうですね、ちょっと調べてみたいと思います。

ブログ拝見させて頂きました。
私も、ロックの正装は白Tにジーンズだと思います。笑

今後とも、よろしくお願いします。
2012.11.22 10:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://csc2012.blog.fc2.com/tb.php/16-2fdca70b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。