Cover Song Collections

「カバーソングを通じて音楽の世界を広げる」をテーマに、古今東西のカバーソングを紹介します。

スポンサーサイト

Posted by Cover Song Collections on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sleepless Nights / スリープレス・ナイツ

Posted by Cover Song Collections on   0 comments   0 trackback

先日発売された、ノラ・ジョーンズのカバーアルバムに収録。
ノラのバージョンは、2005年公開の映画「東京タワー」の主題歌として採用されています。

今回のセットリスト
・ノラ・ジョーンズ(Norah Jones)
・エヴァリー・ブラザース(The Everly Brothers)
・グラム・パーソンズ(Gram Parsons)

どうも、こんにちは。

もうすぐ、ノラ・ジョーンズのカバーアルバム「Covers~私のお気に入り」が出ますね。
ボブ・ディラン、トム・ウェイツなど、ナイスな選曲のカバーアルバムとなっているので、とても楽しみです。

今回はその中から、『Sleepless Nights』にスポットライトを当てていきたいと思います。

この曲は、2005年公開の映画「東京タワー」の主題歌にもなっています。
主演は黒木瞳、V6の岡田准一。もうひとつの主題歌として、なんと山下達郎さん。
私は観たことはありませんが、とても豪華な映画ですね。

では、映画の主題歌にもなっているノラ・ジョーンズのバージョンをどうぞ。





ノラ・ジョーンズ(Norah Jones)は1979年アメリカ出身のジャズシンガー。
2001年、ブルーノートから発売されたデビューアルバム「Come Away With Me」が大ヒット。
グラミー賞に8部門でノミネートするなど、一躍有名人に。
日本では、ドラマ「離婚弁護士」の挿入歌として「What Am I To You?」が採用されています。

『Sleepless Nights』は、2004年発表の「Feels Like Home」のボーナストラックとして収録されました。
ピアノの優しい音色とノラの甘い声がマッチした、秋の夜長にゆっくりと聴きたいナンバーですね。

後述しますが、原曲はスタンダードなカントリーのナンバーです。
カントリーとジャズが、ノラの手によって魔法のように混ざり合った名曲ですね。



それでは、原曲にいってみましょう。
原曲は、エヴァリー・ブラザース(The Everly Brothers)が演奏したものです。





エヴァリー・ブラザースは、兄のドン・エヴァリーと、弟のフィル・エヴァリーによるカントリーユニット。
兄弟によるギターと声の美しいハーモニーは、1960年代に活躍した多くのミュージシャンに影響を与えました。

この楽曲は、1960年発表の「It's Everly Time」に収録されています。
作詞作曲は、フェリス&ボードルー夫妻。エヴァリー・ブラザーズのヒット曲の多くは、この夫妻により作られています。
夫妻が生みだす美しい楽曲に、兄弟の美しいコーラスワークが交じり合うことにより、これまた魔法のように名曲が生み出されていきました。


この楽曲に目を付けたのは、カントリー・ロック界のパイオニア、
グラム・パーソンズ(Gram Parsons)でした。





グラム・パーソンズは、1946年アメリカ出身のミュージシャン。
バーズのアルバム「ロデオの恋人」に参加後、自身のバンド、フライング・ブリトー・ブラザーズ(The Flying Burrito Brothers)を結成。
カントリーミュージックにロックの要素を取り入れ、後の音楽シーンに多大な影響を与えます。
ですが、グラムは1973年、ドラッグ中毒で亡くなってしまいます。

この曲は、1976年発表のアルバム「Sleepless Nights」に収録。
レコーディング時期としては、フライング・ブリトー・ブラザーズとソロの中間頃と言われています。
どのような事情があったかは分かりませんが、残念ながら生前の作品には収録されなかったようですね。

原曲を忠実に、エレクトリックサウンドを取り入れた格好良いカバーです。
グラムと、アメリカのカントリーシンガーであるエミルー・ハリス(Emmylou Harris)とのハーモニーもたまりませんね。


---
関連リンク
ノラ・ジョーンズ - Wikipedia

エヴァリー・ブラザース - Wikipedia

グラム・パーソンズ - Wikipedia
関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://csc2012.blog.fc2.com/tb.php/9-74e4fca8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。